0からビジネスを生み出す秘訣。

いつもネガティブで自信が無いあなたへ


 

どうも、塚田です。

 

今までMacを使ったことが無かったんですが、
一度ぐらいは使ってみようと思い立ちました。

 

時期も考えずにアップルストアでポチってしまいましたが、
買ってすぐに新型が出そうで怖いです・・・

 

macbook
こいつが届いたら、ファミレスや喫茶店でドヤ顔してきたいと思います。(笑)

 

早く届かないかな。ウキウキ。

 

さて、今日はネガティブで自信が持てない人へのメッセージです。

 

日ごろネガティブな性格であったり、自身が持てない性格な人も多いと思います。

 

私のクライアントの人でも、結構こういった性格で悩んでいる人がいます。

 

でも、そういった性格であっても、無理して自分を大きく見せたり、
無理やりポジティブになる必要は全く無いと思っています。

 

ネガティブのままで全然オッケーです。

 

そもそも「弱い」ということは、裏返せば繊細で気配りができるってことですから、
悪いことだけじゃないです。

 

臆病であるということも裏を返せば、
常に危機感を持っている、「危機意識が高い」ということになります。

 

なんで、ネガティブであっても、それは悪いことでは無いんですね。

 

一見短所と思われるものでも、裏を返せば短所じゃなかったりします。

 

自分は自分でしかないですから自然体でいれば良いんですよ。

 

たまに私のことを、スーパーマンか何かのように錯覚している人がいますが、
私も元々はネガティブで臆病な性格です。(笑)

 

決して強い人間ではありません。

 

常に、最悪の事態を想定していたり、
臆病になってなかなか決心がつかないこともあります。

 

意外でしたか?

 

「塚田さんの原動力は何ですか?」ということをたまに聞かれますが、
私の原動力になっているのは「恐怖」です。

 

使命感や、やりがいももちろんありますが、一番の原動力は恐怖です。

 

これは「危機意識」と言ってもいいかもしれません。

 

恐怖感や危機意識は、独立を志した頃から今でも常に持っています。

 

それは、今の生活が本当に理想に描いたもので、
昔の生活に絶対に戻りたくは無いからです。

 

過去の生活に強い「恐怖」を抱いています。

 

たまに昔の仕事の夢を見るんですが、物凄い嫌な気分になります。(笑)

 

ですが、このような危機意識があるからこそ、
努力を惜しまないですし成長することができます。

 

危機意識が無かったら何もやっていないと思います。

 

私がいいとこに生まれた坊ちゃんだったら、
きっと今頃何も考えずに遊んで暮しているでしょう。(笑)

 

今が自分があるのも、この弱い性格のおかげです。

 

弱くたっていいんですよ。ホントに。

 

大切なのは自分らしく生きて、今自分にできることを精一杯やることです。

では。

 

何か参考になりましたら「いいね!」をお願いします。


関連記事

塚田達也

近影写真

1988年生まれ。

株式会社JOE代表取締役

新時代を生き抜くための情報を、
発信しています。

お問い合わせ

ビジネス通信

メルマガ登録

FXトレードブログ

Facebook