0からビジネスを生み出す秘訣。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは?DRMの基礎


 

どうも塚田です。

今回の動画では、
ダイレクトレスポンスマーケティングについて詳しく解説しています。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングについて分りやすく解説

是非ご覧になって知識を高めてください!

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは?

 

ここで解説するダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)という手法は、
マーケティングの手法になるんですが、ネットビジネスで稼いでいきたいのなら、
絶対にマスターする必要がある超重要スキルになっています。

 

優秀なマッケッターや、稼いでいる企業などは、ほぼ全て実践している方法になります。

 

ネットビジネスでは、 このダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)のスキルは、
コピーライティングのスキルとならんで、最も重要度が高いスキルになります。

 

月に1000万以上、1億円以上稼いでいる企業家は、
必ずこのDRMの手法を取り入れています。

 

ここでは、ダイレクトレスポンスマーケティングの 全てをお伝えすることはできませんので、
ダイレクトレスポンスマーケティングの核となる部分、
本質に絞ってお伝えしていきたいと思います。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングDRMの本質

 

ダイレクトレスポンスマーケティングというのは、
そもそも英語圏で主に実践されてきたマーケティング手法で、
それが日本にまで伝わってきました。

 

最近ではかなり有名になっていますが、
まだ聞いたことが無い、初めて聞いた人もいると思います。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングは、
英語と書くとこのようなスペルになっています。

 

Derect Response Marketing(DRM)

 

「Derect」とは直接という意味で、「Response」は、反応という意味です。

 

この単語の頭文字をとって、
ダイレクトレスポンスマーケティングは「DRM」と呼ばれています。

 

これからの説明の中で、私が「DRM」といったら、
ダイレクトレスポンスマーケティングのことであると思ってくださいね。

 

DRMと従来の広告の違い

 

このDRMなんですが、
従来のマーケティングや広告とは マーケティングの本質が違っています。

 

従来のマーケティングである一般的な広告は、
「イメージ広告」と呼ばれる広告が主流になっています。

 

イメージ広告というのは、雑誌の広告ページに載っている広告や、
コマーシャル(CM)などの広告のことです。

 

これらの従来の広告の目的は、
商品のイメージをアップすることを目的としています。

 

イメージをアップすることが目的となっていますから、
情報の受け手が反応することは、あまり目的としていません。

 

例えばあなたが、テレビのCMを見ていて
「この商品が買いたい!」「今すぐ買わないと!」 と熱狂的に思うことは少ないですよね?

 

イメージ広告は、イメージをアップすることを目的としていますから
直接的な購買に繋がりにくくなっています。

 

何か商品を買おうと思っていて迷っているときなどに、
イメージがアップしているので、「ついついその商品を選んでしまう」
というのがイメージ広告の持つ効果になります。

 

 

例えばスーパーに洗剤を買いにいったとして、
全く名前を知らない洗剤と、CMでいつも見慣れている洗剤が同じ値段で売られていたら、
どちらを買うでしょうか?

 

おそらく、大半の人は、
CMでたくさん宣伝されている方に良いイメージを抱いていて、そちらを購入すると思います。

 

この場合は、イメージはアップしていますが、
「ここの洗剤が今すぐ欲しい」というレベルにまではなっていないですよね?

 

このようにイメージ広告は、単にイメージをアップすることしかできないので、
直接的な購買に繋がりにくくなっています。

 

そしてイメージ広告は、広告の費用対効果も分かりにくくなっています。

 

例えばCMの広告に200万円かけましたといって、
「CMによっていくら売上に貢献しているか?」 「CMによってどれだけ売上が伸びたか?」がわかりにくいんですね。

 

先ほどの洗剤の例で言うと、 「なんとなく信頼できそうだから選んだ」という人が殆どなので、
広告によってどれだけ売上げが上がったを測定するのが難しくなっています。

 

これが従来の広告、従来のマーケティングの実態です。

 

つまり従来の広告は、直接的な購買にはつながらないし、
お金をかけても元が取れたか良く分からない場合があるというですね。

 

これが従来のマーケティングの欠点になっています。

 

じゃあDRMはどうなのかというと  、DRMは先ほどお話しましたように、
Derect Response Marketingの頭文字をとっています。

 

「Derect」とは「直接」という意味で、 「Response」は、「反応」という意味になっています。

 

つまり、DRMとは、 「直接反応取るマーケティング」ということになります。

 

一般の広告は伝えることだけを目的としていますが、 DRMの場合は、伝えるだけでなく、
「情報の受け手に反応を促す」ことを目的においています。

 

「反応を促す」とは、 顧客、クライアントに何かしらのアクションをとってもらうことです。

 

例えば、お問い合わせの相談を直接受けたり、
無料サンプルへの申し込みなどを行ってもらうことですね。

 

つまり、直接コミュニケーションをとるマーケティング手法だと思ってもらえると分かりやすいかと思います。

 

このDRMというのは元々は、 「顧客の悩みを解決すること」そして、
「顧客のストレスを軽減すること」 を目的として開発されたものになります。

 

DRMの手法自体は、稼げるから、 どんどん広がっていったんですけれども、
本質としては「悩みを解決する」ことを目的に開発されています。

 

「どのようにしたら悩みを解決できるか?」   「どのようにして顧客のストレスを軽減することができるのか?」
ということを考えて、情報を伝えることがDRMの本質だと言えるでしょう。

 

結局のところ相手が求めていない情報はウザイだけなんです。

 

テレビのCMにしても、早く続きが見たいのに、
途中で広告が入ったりしたら飛ばしたくなりますよね?

 

つまりはそういうことです。

 

DRMの場合は、顧客の立場になって情報を発信するので、
顧客に対して与えるストレスが非常に少なくなっています。

 

そしてさらに、DRMのメリットとして、
「効果測定がしやすい」というメリットもあります。

 

DRMは直接反応を得ることが目的になっていますので、
反応が起こった数をカウントすることで、 「どれだけの費用をかけて、反応を得ることができたか?」
というのを明確に数字で管理することができます。

 

これによって、無駄な広告費をかける必要が無くなったり、
ビジネスでどの部分が悪い影響を及ぼしているかを判断することができます。

 

このようにDRMは従来のマーケティング手法よりも、
利点が多く理想的なマーケティング手法だといえると思います。

 

わかっていただけたでしょうか?

 

DRMの流れ

 

DRMには流れがあります。

 

1、集客 2、教育 3、販売   という3つの流れになっています。

 

1、集客

 

まずは集客です。

 

集客の段階では、あなた自身に興味がある人、
または、あなたの商品に興味がある人を集めていきます。

 

これは「見込み客」と呼ばれています。

 

集客の段階では、まずはこの「見込み客」を集めていきます。

 

見込み客を集めるというのは、 ネットビジネスで言えば「メールアドレス」を収集することですね。

 

興味が無い人から反応を得ることはできないですし、
興味が無い人に情報を発信しても迷惑なだけなので、
この段階で、「興味のある人のみを選別」していきます。

 

通常の集客とはちょっと違いますよね?

 

2、教育

 

そしてその次は「教育」の段階です。

 

教育といいますと、何か上から目線で、 偉そうに言っていると聞こえるかもしれませんが、
DRMにおける教育というのは「信頼してもらうこと」そして「共感してもらうこと」 がDRMにおける教育になっています。

 

自分の理念を発したり、顧客の抱えている悩みを聞いていくことで、
信頼してもらい、そして共感してもらいます。

 

例えば、あなたが、 ニキビがたくさんできて悩んでいるんでしましょう。

 

そして私が、ニキビを直す方法を知っていたとして、 その方法をあなたに教えたとします。

 

そしてそれが役に立って、 あなたのニキビが消えていき症状が改善したとします。

 

もしそうなった場合には、 あなたは私に少なからず感謝の気持ちを抱くと思いますし、
少しばかり信頼もしてもらえると思います。

 

これが、「DRMで反応を得る」ということです。

 

「信頼してもらうこと」そして「共感してもらうこと」 これは忘れないでくださいね。

 

3、販売

 

そして次は、販売の段階です。

 

販売の段階では、自分を信頼してくれた人、 そして共感してくれた人に商品販売していきます。

 

さきほどのニキビの話で言えば、 「すごいニキビに効く化粧水がありますよ。」
と言って商品を紹介したら、私のことを信頼してくれていますから、 普段より、圧倒的に買ってもらいやすくなっています。

 

いきなり販売することは難しい商品でも、
このように集客、教育の段階を踏んでいくことで、 販売が非常に容易になります。

 

これがDRMの流れになっています。

 

ここまでDRMについて解説してきましたが、
DRMがいかに合理的なマーケティング手法であるかはお分かりいただけたと思います。

 

DRMのスキルは稼いでいくために必須のスキルになっていますので、
必ずマスターするようにしてください。

何か参考になりましたら「いいね!」をお願いします。


関連記事

塚田達也

近影写真

1988年生まれ。

株式会社JOE代表取締役

新時代を生き抜くための情報を、
発信しています。

お問い合わせ

ビジネス通信

メルマガ登録

FXトレードブログ

Facebook