0からビジネスを生み出す秘訣。

プロフェッショナルの店、みかわ是山居に行ってみた


 

こんにちは、塚田です。

 

先日、プロフェッショナル仕事の流儀で紹介されていた、
天ぷらの名店、「みかわ是山居(ぜざんきょ)」さんに行ってきました。

 

■NHK(道を究めるその先に、天ぷら職人・早乙女哲哉)

http://www.nhk.or.jp/professional/2012/0611/

 

DVDを見てから、ずっと行きたいと思っていたお店なので、
かなり楽しみにしていました。

みかわ是山居

 

こういう敷居が高いお店はめったに行かないので、妙に緊張してしまいますね。(笑)

 

普段は庶民的な生活を送っているので、
色々勉強になったり、考えるものがあったりします。

 

味はもちろん美味しかったんですが、
料理の味よりも、その場で食事をする雰囲気であったり、
一流の接客を受けたりすることに意味があるのかなと思いました。

 

使っている料理の器や、内装に素晴らしい物を使っていたり、
置いてある調度品にこだわっていたり、
料理以外の部分にも一流のこだわりを感じました。

 

味には上限がありますけど、
その場の雰囲気やおもてなしに上限は無いじゃないですか。

 

例えば、「15,000円の天ぷら料理が、すき屋の300円の牛丼の50倍旨いか?」
っていったらそんなことは絶対無いですからね。(笑)

 

味にはどこか上限があると思うので、
料理以外の部分に価値があるんだと思います。

 

それと、この前も書きましたが、普段やっていないことをやってみたり、
いつも意識を向けていない場所に意識を向けることが、
一番意味があるのかなと思っています。

 

旅行であっても、食事であっても、娯楽であっても、
どこに行っても必ず学ぶものがあると思うんですよね。

 

せっかくお金を使うなら、楽しむだけでなく、「何か学ばないと損」です

 

例えばディズニーランドに行ったなら、
なんでディズニーランドはこんなに繁盛しているのかを考えてみたり、
海外に行ったら、海外と日本では何が違うのかを考えてみたり。

 

学べるものっていっぱいあるじゃないですか。

 

だから、何も考えずにボーっと生きているのって、
ホントにもったいないと思います。

 

いつもと違うことをして、いつもと違う場所に意識を向けてみることで、
他の人と違う考えを持つことができると思います。

 

いつもと同じことをしていたら、いつもと同じ日常になるだけですし、
意識的に自分で変化していかないと、ついつい日常のレールに乗ってしまいますよね。

 

「最近変わらない日常が続いているな・・・」
って感じるのは、実はかなりマズイことだと思うんですよ。

 

進化してないってことですからね。

 

私もついつい日常のレールに乗りがちなので、
もっと、いろいろなことに挑戦していかないといけないと強く感じました。

 

自分を頼ってくれている全ての人に、
価値を提供できるように、これからも精進していきたいと思います。

 

何か参考になりましたら「いいね!」をお願いします。


関連記事

塚田達也

近影写真

1988年生まれ。

株式会社JOE代表取締役

新時代を生き抜くための情報を、
発信しています。

お問い合わせ

ビジネス通信

メルマガ登録

FXトレードブログ

Facebook