//魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

 

本の感想とアウトプットです。今日読んだのはこれ。

 

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

西野 亮廣
1,528円(10/21 09:02時点)
発売日: 2016/08/12
Amazonの情報を掲載しています

 

芸人(キングコング)の西野亮廣さんが書いた、ビジネス書です。

 

キングコングと言えば、相方が生活保護問題で騒ぎになったり、何かある度に「炎上」を繰り返している「ただの炎上芸人」

そんな風なイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、これを読むと、見方が大きく変わります。

 

■心に残ったこと

今は本を出せば全てベストセラー。

さらに、漫才だけでなく、絵本作家、イベンター、街づくり、さらに上場企業の顧問に就任などなど。

多岐に渡る活躍ぶり。紛れもない天才です。

 

私が、この本を読んで、特に心に残った点をあげてみます。

 

①お金は信用の一部を数値化したもの

お金は信用を数値化したものであるという話。

 

1日50円で自分の1日を売る、ホームレス小谷さんの話からは、信用の力について学ぶことができます。

お金持ちで無くても「信用持ち」であれば生きていける。これからは、信用が力を持つ時代になるんだと感じました。

貯金ではなく、貯信ですね。

 

②クレジットの輪を広げる

1日1万時間何かに取組むことで、その分野のスペシャリストになることができると言われていますね。

 

1万時間の法則というやつです。

 

ただ、これだけでは、まだ、100人に1人程度の人材になってしまいます。

しかしそこから、他の分野にも専門を広げて、3つの分野で1万時間使いスペシャリストになれば、「100分の1×100分の1×100分の1」で100万人に1人の逸材になれるということです。

これからは、一つの肩書きで生きていくのではなく、複数の肩書きを持つ時代になっていくということですね。

 

③年下を尊敬すべき

年下は、経験の長い自分を見て、「これを真似してみよう」とか「これはやめておこう」と考えるわけで、そもそも、年下に勝てるはずが無いという話がありました。

私も年齢で尊敬したり、見下したりすることは絶対にしません。若い人の方が才能もエネルギーもあることは自然なことです。

 

■どう活かすか?

これからは複数の肩書きを持つ時代になっていく、というのは間違いないと私も思います。

固定の枠にとらわれず、生きていきたいですね。

 

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

西野 亮廣
1,528円(10/21 09:02時点)
発売日: 2016/08/12
Amazonの情報を掲載しています
By |2019-01-24T16:20:29+00:001月 24th, 2019|書評・感想|0 Comments

About the Author:

株式会社JOE 代表取締役/株式会社CYBODY 取締役/ドリームワークス有限会社 取締役  投資家/起業家/コンサルタント企業戦略家/カウンセラー