/, 生活/老後の備えの間違いを知り、賢く生きる方法

老後の備えの間違いを知り、賢く生きる方法

こんにちは、塚田です。

 

最近、老後関係のハウツー本を読んでいて、疑問に思うことが多々ありました。

本の題名は伏せますが、どれも、「えっ?」と思うような、納得できない内容ばかりです。

あなたも一度は聞いたことのある話しが、きっとあるでしょう。

 

生活するのに、夫婦で28万円必要なので貯蓄で備えようという話

まず、老後の生活に平均○○万円かかるという話。

この話、ファイナンシャルプランナー的な人が良く言っていることなんですが、全く意味のない話です。

 

老後に必要な資金の平均値を目指しても、それは他者の平均でしかないので、自分に合ったものではありません。

自分で好きなことをやって自由に暮らす為に、本当に足りるのかは疑問が残るところです。

おそらくこの話は、「将来のことを考えていないと怖いですよ」「無難に生きていけるだけの金額は蓄えておきましょう」ということなのだと思います。

 

しかし、この「老後にいくら必要だから○千万円貯めよう」という思想自体が一番の問題なのです。

何が問題かって、若いうちにここを目指して貯蓄することばかり考えていたら、こんな小さい金額を貯めることが、人生のゴールそのものになってしまうということです。

まさにお金の奴隷ですね。

 

このような思想は、小さいスケールでしか物事を考えられていない、抽象度が低い人の思想です。

絶対に鵜呑みにしてはいけません、視野が狭くなってしまいます。

 

インデックスファンドで資産を作るという話

次に、インデックスファンドで資産を作るという話。これも良く聞く話ですね。

 

確かに資産形成の方法の一つとして、インデックスファンドの運用はおすすめの部類に入ります、しかしそれが本当に老後の備えになるのか?というと一概にそうは言えません。

前回の記事にも書きましたが、本当に大切なのは、貯蓄よりもキャッシュフロー。実際、数百万とか、インデックスファンドに投資をしても、貯金と大して変わらないです。

 

貯金に毛が生えたようなもの、「貯金よりマシ」という程度のもので、長期的に考えたら、インデックスファンドすらも、死に金になりえます。

投資と言えども、眠っていて使わないお金な訳ですから、性質的には貯金と同じです。自分の人生の目標を考えて、本当に効率の良い投資なのか考えなければなりません。

 

家を買うならリタイアした後でよいという話

家は資産ではなくて、負債ですからね、この話は理論上は納得できるものはあります。

ただ、「本当にそれで良いのか?」と思いませんか?

 

本当は家を買って住みたいと思っているのに、その感情を抑えて、賃貸で住むことしか考えないのはどうなんでしょうか?

自分の可能性を限定してはいないでしょうか?

私は、家は人生の中で2回から3回ぐらいは買うものだと思っています。

一度では満足ができる家はできませんし、年月が経てば住みたい家も変わると思うからです。

 

若いうちにお金を使うなという話し

そして最後に、「若いうちは、できるだけお金を使わない」という話。

もちろん、目的の無い散財は推奨できるものではありません。

 

しかし、若いうちは我慢して、歳をとってからお金を使ってどうするんでしょうか?

若いうちに倹約しか考えてこないで生きてきたら、老後になってもその生活が染み付いており、有意義にお金を使うことはできません。

 

先ほどの、家の話もそうですが、若いうちに好きな家に住まないでどうするんだと思います。

老人になってからでは、いつ死んでもおかしくはないですよね。

 

歳をとってからでは、できることの制限は増えるばかり、旅行も娯楽も全力でできるのは若いうちだけです。

そんな悲しいスケールで生きて欲しくはありません。

 

伝えたかったこと

このような話の根底にあるのは、「老後への恐れ」という漠然とした恐怖にあります。

その恐怖によって視野が狭くなり、多くの人はゴールが小さくなってしまうのです。

 

この種の話は、賢く生きる道を提示しているように見えて、実際は可能性を限定する話になっているわけですね。

どうか、賢明なあなたは、大きなスケールで物事を考えて、目先の利益を追わないで欲しいと思います。

 

関連記事

By |2018-12-19T16:16:34+00:0012月 19th, 2018|マインド, 生活|0 Comments

About the Author:

株式会社JOE 代表取締役/株式会社CYBODY 取締役/ドリームワークス有限会社 取締役  投資家/起業家/コンサルタント企業戦略家/カウンセラー