//ソーシャルゲームの害「パズドラは消せ!」

ソーシャルゲームの害「パズドラは消せ!」

やってはいけない

 

どうも、塚田です。

 

今日は、社会現象ともなっている
スマートフォンでの「ソーシャルゲーム」について少し。

 

「パズドラ」や「モンスト」などに代表される、
ソーシャルゲームのヒットにより、
私達の生活の中にソーシャルゲームが少しづつ入り込んできています。

 

最近は、電車の中でもスマホでゲーム、
ファミレスでもスマホでゲーム、
歩きながらもスマホでゲームというようになってきていますね。

 

このソーシャルゲームの問題点ですが、
ほぼ全てのゲームに「スタミナ」という概念があり、
時間が経過する度にプレイしなければと思ってしまう為、
中毒性が生まれる仕様になっています。

 

この仕様を活かしたビジネスモデル自体は参考になりますが、
決してゲーム自体に嵌ってはいけません。

 

「ゲームをやっていることが本当に幸せ!」
ということであれば構いませんが、
大抵は惰性でやっている人が殆どでしょう。

 

このソーシャルゲームがなぜそれほど害があるかというと、
時間を奪うだけでなく、「思考を停止させる」からです。

 

なにか考えようと思っても、
ゲームのことが頭をよぎり思考をシャットアウトします。

 

これは、ゲームの課金がいけないとかそういう次元の話ではなくて、
「時間の無駄」「考える力が失われる」ということですね。

 

 

私が常にこころがけているのは、
自分の行動を「生産性のある行動にのみ絞る」ということです。

 

今あなたがこれからしようとしている行動は、
自分の未来に繋がる行動であろうかじっくり検討してみて欲しいです。

 

成功者は例外なく勤勉ですしね。

 

ビジネスの世界は非常にシンプルで、
稼ぐ金額はイコールそのまま知識の差だと言って間違いないです。

 

月に100万円以上稼ぎたいのであれば、
それだけの知識と、思考力を身につける必要があります。

 

ゲームにハマって時間を無駄にしている暇なんて全然無いんですよ。

 

ソーシャルゲームによって、時間と思考を無駄にしないでください。

 

勇気を出してゲームを削除しましょう。

 

では!

 

 

By |2018-12-16T11:31:31+00:009月 1st, 2014|起業・独立|0 Comments

About the Author:

株式会社JOE 代表取締役/株式会社CYBODY 取締役/ドリームワークス有限会社 取締役  投資家/起業家/コンサルタント企業戦略家/カウンセラー